Delphi Tips & Component

 私は決してプログラム上級者ではありませんが、私自身が Delphi でのプログラムで悩んだ所や、プログラムを作成している中で作成したちょっとした機能を紹介します。たいした内容ではありませんし、テクニックがあるわけでもありませが、少しでも Delphi初心者の方の参考になればと思います(コーディングが参考になるかどうかは自信がありません)。
 尚このコーナーに掲載されているプログラムソースやコンポーネントの流用,改造一切自由です。またその際に私への連絡も不要です。
 またここはおかしいんじゃないか?こうしたほうがいいんじゃないかといったツッコミも歓迎します。
 サンプルプログラムについては Delphi3.1Pro/5Proでの動作確認を行なっております。

小技
コンポーネント
プロジェクトソース

小技

  1. メニューアイテムにサブメニュー項目を追加する
  2. ワイルドカードマッチコンポーネント(旧版コンポーネントのダウンロードを追加)
  3. TListViewの速度に不満がある場合
  4. Windowsの様々なフォルダ名を取得する
  5. シェル拡張プログラム
  6. 連続ファイル名取得コンポーネント
  7. プログレスバー表示付きスプラッシュフォーム
  8. ファイルの関連付けで「開く」以外のメニューアイテムを追加する
  9. ResourceWorkshopで作成したリソースを使用する
  10. 必要なActiveXが実行環境にない場合の起動エラー回避
  11. フォーム上のパネルレイアウトを動的に変更する
  12. MS-WORDの文書ファイルを読込んでテキスト表示する・・・コンポーネント化しました
  13. SHFileOperationコンポーネント
  14. Windowsのユーザログオン前にプログラムを実行する
  15. コマンドライン引数によって起動時のフォームを切替える
  16. CD-ROMが交換されたことを検出する
  17. 簡易暗号化,複合化ユニット
  18. 自己実行形式ファイルの処理例
  19. サムネイル画像の作成
  20. ファイルリストのコピー・ペーストコンポーネント
  21. Unicodeファイルを読み込む
  22. ファイルの更新日付,作成日付を変更する
  23. 文字列中の部分文字列が単語かどうかをチェックする
  24. UNICODE(Little Endian/Big Endian),UTF-8/8NとShift-JISとの相互変換
  25. コンソールアプリケーションを起動して標準出力をファイルにリダイレクト
  26. UTF-8とShift-JISの相互変換(コードの自力変換版)
  27. オートメーションサーバ機能を使用したマクロの実現
  28. 画像をJPEG形式でクリップボードにコピーする



コンポーネント
名称登録日時説明
FolderDialog
(1,710byte)
1999/12/25フォルダ参照ダイアログです。他の方々も公開していますが、このコンポーネントは初期状態で選択するフォルダを指定することができます。



FindFile
(4,703byte)
1999/12/25ファイル検索コンポーネントです。検索を開始するフォルダと検索条件を設定してExecuteすると、ファイルを見つけるたびにOnFindイベントを発生します。検索条件として、複数のワイルドマスク指定,ファイル日付チェック(作成日時,更新日時,最終アクセス日時のいづれか),サブフォルダ内も検索するかどうかを指定出来ます。小技集No.2のワイルドマッチ処理を含みます。



WinDir
(1,817byte)
1999/12/25Windowsの様々なフォルダ名を取得できます。小技集のNo4をコンポーネントにしました。



ShfOperation
(3,500byte)
1999/12/26ShellAPIのSHFileOperationをラッピングします。エクスプローラと同じファイル操作が可能です。



CP(2,972byte)2000/12/26 クリップボードとのファイルリストコピー・ペーストコンポーネントです。小技集No.20のコンポーネントソースとアイコンリソースが含まれています。
エクスプローラとの間でファイルのコピー・貼付け処理を行なうことが出来るようになります。



XBiff((15,416byte)2004/5/26EXCELファイル出力+読み込みコンポーネントです。実行は自力で行ないます(EXCELやDLL等を必要としません)。かなり機能制限がありますが、特定用途には充分使用出来ます。[詳細





プロジェクトソース

  1. NewlyArrived.exeのソース(3,725byte) ※拙作FindFileコンポーネントが必要です。
  2. PictBear用プラグインをDelphiで作成するサンプルプロジェクト(25,112byte)
  3. TEditorTEditorExを使用したエディタのサンプルプロジェクト(39,516byte)