Delphiのオートメーションサーバ機能を使用したマクロの実現

Mibarcodeへのオートメーションサーバ機能搭載が思いのほか簡単に実現できたことから、オートメーションサーバ機能で自分自身を制御できれば、VBスクリプト(VBS)やJavaスクリプト(JS)によるマクロ機能を実現できるのではないかと思い立ちました。実際に試してみた結果思ったとおりに動くことが判りました。実はこのアイディアは、Sleipnirのスクリプト機能のパクリです。

Delphiでのオートメーションサーバのつくり方(Delphi5での例)


オートメーションサーバの登録と削除

VBスクリプトによるマクロの例

    'VBスクリプトによるマクロのサンプル
    '
    '乱数で星空を描く
    '

    Dim Ap, i, j, s

    'オートメーションサーバオブジェクトを作成する
    Set Ap = Createobject("Project1.App")

    Randomize

    For i = 0 to 25
      s = ""
      For j = 1 to 40
        If Rnd < 0.1 Then
          s = s + "☆"
        Else
          s = s + " "
        End If
      Next
      '乱数で生成した☆と空白の文字列を追加する
      Ap.SetLine i, s
    Next

    'オブジェクトを破棄する
    Set ap = Nothing

サンプルプロジェクト

戻る