MiBarcode Ver7.1(2017/5/21):フリーソフトです)

MiBarcodeの画面


はじめに

特徴

    1. JAN/CODE-39/NW-7/ITF/UPC/CTF/IATA/MATRIX/NEC/CODE128/CODE93/QR2のバーコードに対応。チェックデジットは自動計算します。
    2. 線の太さやバーコードサイズを変更可能。またデータ文字列を書き込むことも可能。
    3. クリップボード監視機能。この機能と自動コピー機能を併用すれば、アプリケーションでデータをコピーした時点でMiBarcodeが関知してバーコードを作成しますので、貼付けを行えば作成されたバーコードが貼付けられます。
    4. DDEサーバー機能。DDEクライアント機能を使用出来るアプリケーションであれば、バーコード作成を自動化出来ます。
    5. オートメーションサーバ機能。オートメーションコンテナ機能を使用出来るアプリケーションであれば、バーコード作成をより細かく自動化出来ます。
最新バージョン(Mibarcd71.zip)のダウンロード

インストール方法


Ver7.1 2017/5/20での変更点
    1. ExcelのVBAでクリップボードを使用せずにバーコード貼り付けを行うために、オートメーションサーバ機能にプロパティAutoCopy,ClipBWatchとメッソドSaveTempPictを追加。
    2. 名前を付けて保存(SaveFileメソッド含む)でメタファイルを保存できなかった不具合を修正。
Ver7.0 2016/12/1での変更点
    1. 開発環境をDelphi 10.1 Berlinに変更。
    2. 動作環境からWindows XP/Vistaを除外し、Windows7/8.1/10に変更。
    3. ヘルプファイルを旧形式のhlpファイルからCHM形式に変更。
    4. クリップボードへのコピー処理を修正。
    5. 細かな挙動上の不具合を修正。

Ver6.0 2011/1/23での変更点

    1. Windwos Vista / WIndow 7に正式対応。


Ver5.62での変更点

  1. コマンドラインオプションで起動した際の動作不具合を修正。


Ver5.61での変更点

  1. 自動実行時に履歴を保存しないように変更。
  2. Windows Vista対応用処理を追加(対応出来ているかどうかは確認出来て折らず)。


Ver5.5での変更点

  1. Code128のCodeset-C作成をサポート。
  2. 太線の描画を細線の集合からボックス塗りつぶしに変更することで、メタファイル、拡張メタファイルでの拡大時に線がずれる場合があった不具合を修正。

Ver5.4での変更点

  1. QRコードをうまく作成出来ない場合がある不具合を修正。
  2. QRコード作成時、制御コード等の特殊コードを指定出来る「特殊モード」を追加。合せて、DDE,コマンドライン,オートメーションサーバプロパティを追加。
  3. CODE93のコード文字列表示時、制御コードを反映させるようにした。
  4. 自動実行時に文字コードの履歴を保存しないように変更。


Ver5.31での変更点

  1. コードデータの前後の空白を取り除くオプションを追加。
  2. バーコードを作成できなかった場合にエラーメッセージをクリップボードにコピーするオプションを追加。
  3. オートメーションサーバメソッドのExecuteに戻り値を追加。エラーが発生した場合に0以外を返すようにした。
  4. コマンドラインオプション/EXITで終了できない不具合を修正。
  5. オートメーションサーバ機能にチェックデジットON/OFFとスタート,ストップキャラクタ指定のプロパティを(付け忘れていたので)追加。
  6. 印刷機能を追加。

Ver5.1での変更点

  1. QR2コード作成で"+"が"U"に変換される不具合を修正。
  2. JANコードでチェックデジットコード指定を許すようにしたものが元に戻っていた不具合を修正。


Ver5.0での変更点

  1. QR2コード作成機能を内蔵化。QR2DLL.DLLが不要となった。
  2. QR2コード作成補助で、氏名の振り仮名を自動入力するようにした。
  3. 開発環境をDelphi3.1からDelphi7に変更した。



バーコードの技術情報、MiBarcodeの使用方法の紹介

インテルHT(Hyper Threading)プロセッサでの不具合情報


戻る